キッチンの高さの計算方法とは? 身長にあったキッチンの選び方

キッチンの高さには種類があることをご存知でしょうか?今回は、キッチンの高さの計算方法を始め、キッチンを交換するにあたって事前に確認しておくべきポイントをお伝えします。

最近は便利なアイテムも増えて、収納スペースの使い方も変わってきています。キッチンの工事を検討している方にとっては非常に重要になりますのでしっかり確認をしましょう。

キッチンの高さとは?

引用元:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/system/

まず、キッチンの基本的な高さの種類をご説明します。キッチンのワークトップ(天板)の基本的な高さは、80.85.90.95cmの4種類がJISで認められています。意識していないと気付かないかもしれませんが、高さを選ぶことができるのです。

低すぎてしまうと腰を曲げて料理をし続けるため、腰の負担が多くなってしまいますし、逆に高すぎてしまっても、肩への負担が増えてしまいます。

例えば、身長に対して天板が高めのキッチンだった場合、カボチャを切るのはなかなか力が入らないため、無駄な力を使ってしまうのです。

毎日使うキッチンだからこそ、少しでもストレスにならないようベストなキッチンを選びましょう。では、キッチンの高さはどのように決めれば良いのか、計算式をお伝えします。

自分に合うキッチンの高さの計算方法とは?

目安となるキッチンの高さの計算方法があります。

それは「(身長÷2)+5cm」です。

以下、例えをいくつかご紹介致します。

引用元:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/system/

◆150㎝ Aさんの場合
(150÷2)+5=75+5=80㎝

◆156㎝ Bさんの場合
(156÷2)+5=78+5=83㎝

◆160㎝ Cさんの場合
(160÷2)+5=80+5=85㎝

このような形で規格のサイズにピッタリになることもあれば、Bさんのように80㎝か85㎝の間となることもあるので、1つの目安とする考えが良いと思います。

キッチン高さは誰の身長に合わせるべきなのか?

キッチンのサイズや計算式は分かったと思いますが、どなたの身長に合わせたら良いのでしょうか?ご家族の身長はバラバラだと思います。155㎝の奥様と、178㎝の旦那様というご家族も珍しくありません。

その場合は、キッチンに一番立つことが多い人の身長に合わせましょう。ご家族によっては、奥様ではなく旦那様が料理を担当されている方もいらっしゃると思います。その場合は、旦那様の身長に合わせてキッチンの高さを検討することがオススメです。

別のパターンとして、奥様と娘さんがメインで使う場合もあると思います。身長差にもよりますが、その場合はお二人の意見を取り入れて計画することが良いのではないでしょうか。娘さんの年齢や、成長期等によりますが、身長が伸びそうでしたらそれも加味して検討するのも1つの案だと思います。

ショールームで高さを確認することが一番分かりやすいと思いますが、今のキッチンと比較してみるのもオススメです。

今のキッチンより何㎝高くなるのか、本などで高さを調節して実際にまな板など置いてみるのも良いと思います。もし今のキッチンより低くなる場合はダイニングテーブルを基準に高さを調整することもできます。

次に、キッチンを交換するにあたって、注意点や事前に知っておくべきポイントがありますので、お伝えします。

事前に意識して確認すべきポイント4つ

シンクの深さも確認

先程お伝えした「(身長÷2)+5cm」の計算式は、ワークトップ(天板)の高さの計算式です。ワークトップ(天板)は調理する高さとなります。実際に料理を作る時間だけでなく、食器を洗う時間のことも考えると、シンクの深さも確認すべきポイントです。

家族の人数が多ければ多いほど、食器を洗う時間が長くなるため、腰に負担がかかってしまう時間が長くなってしまいます。

シンクの深さはだいたい17~20㎝のサイズが多く、深いシンクほど腰を曲げる必要があるため、ショールームなどで事前の確認をおすすめします。

また、スリッパを履いたり、足元にマットをひいたりすることがあると思いますので、その高さ分も加味して検討すると、ベストなキッチンの高さに近づくと思います。

吊戸棚(ウォール)の位置確認

引用元:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/system/

次に、吊戸棚の位置の確認です。吊戸棚の高さは、50㎝、60㎝、70㎝、90㎝の4種類があり、標準仕様は高さ70㎝です。

吊戸棚も身長と合わせて高さを調節することをおすすめしています。目安としては、手を伸ばして扉を開けることができれば、収納スペースとして活用し続けられると思います。

取り付ける位置が高すぎてしまうと、せっかくのスペースなのに活用されないスペースとなってしまいます。そこで吊り戸棚のスペースを最大限に利用できる商品がありますので、いくつかご紹介します。

クイックポケット

引用元:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/parts/parts10.htm

こちらは吊り戸棚を開けると、手動で棚が下に降りてくるタイプの収納です。

オートダウンウォール

引用元:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/parts/parts10.htm

こちらはなんと電動式の吊り戸棚です。ボタン1つで降りてきます。

吊り戸棚を上手くスペースを活用できていない方は、目線まで降りてくるこのような収納もご検討してみてはいかがでしょうか。上記以外にも調味料ラックや、水切り棚などのパターンもあります。

シンクの幅の確認

キッチンを新しく交換する場合、確認すべきことはシンクの幅です。キッチンを新しい位置に移動しない限り、同じサイズでキッチンを交換すると思います。

その場合、キッチンを大きくできないため、今一番不満に感じている点をしっかりと考えてみて下さい。調理スペースの狭さの不満と、シンクの幅の狭さの不満だった場合、シンクの幅を調節することで解決できる可能性があります。

キッチンの幅にもよりますが、シンクにもいくつか種類があります。例えば、横幅65㎝のシンクから横幅85㎝のシンクなど、様々なサイズがあります。

シンクを広々としたいという方は、もちろん横幅を広げたシンクを選んで頂いて、調理スペースを広くしたいという方は、シンクの幅を小さめに調節することで快適なキッチンになると思います。

また、オプションの水切りプレートやまな板を置くことで、調理スペースを広げることもできます。シンクにも色々な形、デザインがあるのでショールームで実際に見て頂くことが一番良いと思います。

コンロ・シンクの位置確認

引用元:https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/layout/

シンクとコンロを選んで、間のスペースが調理スペースとなります。全てのキッチンではないですが、一部のキッチンではシンクとコンロのスペースを少しずらすことが出来ます。

例えば、シンクで洗い物をしてシンク横に少しスペースがあれば水切りカゴを置けた方が、使いやすいと思う方もいると思います。また、コンロ横に少しスペースがあった方が、お皿を置けたり、調味料を並べたり、料理がスムーズだと感じる方もいると思います。

もしくは、真ん中の調理スペースを最大限に使いたい方もいると思いますので、限られたキッチンスペースをどう使うのか、是非考えてみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか。キッチンのサイズに関わることをいくつかご紹介させて頂きました。特にキッチンの高さに関しては一番身体の負担になるところです。

  • ワークトップの高さを誰に(who)合わせるのか
  • キッチンを交換したいと思う不満は何なのか(what)

この2点は特に考えておくべきポイントだと思います。開き扉で使いにくいという不満でしたら、引き出しタイプの収納がオススメですし、吊り戸棚の収納スペースを活かせてないとのことでしたら、先程ご紹介した昇降機能のある吊戸収納を選んでいただくのも良いと思います。

もちろん扉や、シンクの色などデザインから選んでも良いと思いますが、要望全てを完璧にできるキッチンはないので、ご自身の優先順位を考えて頂き、満足いくようにキッチンを選んで頂けたらと思います。