【LDK編】エアコン(AC)の設置位置はどこが理想?隠蔽配管のメリットとデメリット

やっと間取りが固まって来て、建築設備の打ち合わせに入っている方も多いのではないでしょうか?

照明の位置、スイッチ、電気配線、水道、ガスなど様々な建築設備を打ち合わせしていると思います。

その中でも最もインテリアに関係してくる「エアコン」の位置に悩む方は非常に多いです。最適なエアコンの位置がわかれば便利ですよね?

ここではいくつかの実例と共に、正しいエアコンの位置について解説をしてゆきます。

エアコンの位置でまず考えるべきこと

エアコンの位置でまず考えるべきことは、見た目も重要ですが、それよりも「ちゃんとエアコンが機能する位置なのか」という事が最も重要です。

見た目を気にするあまり、目立たない場所に設置してショートサーキット(気流が停滞してエアコンが機能しないこと)を起こして後悔してしまうこともあります。

それがクリアできた上で、「エアコンを隠したい」「目立たない場所に設置したい」という見た目の話に入ってゆく方が良いと思います。

エアコンの隠蔽配管と露出配管とは?

エアコンの配管方法には二種類あります。隠蔽配管と露出配管です。それぞれにメリットやデメリットがあるので解説してゆきます。

露出配管とは?

露出配管とはエアコンと室外機を結ぶ管(ドレイン管と言います)を屋外に露出した形で配管する方法です。以下の写真のように管が屋外に露出している形です。外壁に穴を空けてその穴に管を通して室外機と結ぶ方法です。

この配管方式は一般的ですが、この場合、エアコンの位置を外壁側に沿って設置しなければなりません。例えば、以下の間取りであれば②③④は外壁面に接しているので露出配管という形になります。

露出配管のメリット

一方で露出配管には以下の様なメリットもあります。

  • 配管が露出しているのでメンテナンスが簡単
  • コストが安い

露出配管のデメリット

露出配管は以下の様なデメリットがあります。

  • 配管が屋外に露出して外観が悪くなる
  • エアコンを設置する位置が決まってしまう
  • 室外機の位置が決まってしまう

この様に露出配管にはそれぞれのメリットとデメリットがあるので覚えておきましょう。

隠蔽配管とは?

続いて、隠蔽配管とは壁の中に管を埋め込んで室外機と結ぶので、屋外に配管が露出しない(隠蔽する)配管方式になります。

壁の中に管が通るので部屋の中のどこにでもエアコンを取り付けることができます。以下の間取り図であれば①⑤は外周面に接していないので、露出配管では無理なので、隠蔽配管をして屋外まで管を持ってゆきます。

隠蔽配管のメリット

隠蔽配管は以下の様なメリットがあります。

  • 配管が屋外に露出しないので外観が綺麗
  • エアコンをどこにでも設置できる
  • 室外機をどこにでも設置できる

隠蔽配管のデメリット

一方で隠蔽配管には以下の様なデメリットもあります。

  • 配管が壁の中に埋まっているのでメンテナンスが難しい
  • コストが高い(露出配管の3~5倍の工事費:1カ所¥20,000~¥40,000程度)

この様に隠蔽配管にもそれぞれのメリットとデメリットがあるので覚えておきましょう。

露出配管と隠蔽配管…結局オススメはどっち?

2つの配管方式を伝えました。オススメは、道路側から見られない位置であれば基本的には露出配管で問題ありません。

しかし、道路側からよく見える位置にはいかんがあるのはやはり抵抗がある方も多いので、その場合は隠蔽配管にします。

家の中で5カ所エアコンを設置する予定であればその内1~2カ所くらいはどうしても道路側の壁にエアコンを設置しなければいけないケースが出てくると思います。

その場合は隠蔽配管を選んで、外観を綺麗に保った方が良いと思います。例えば以下の④にエアコンを設置した場合は道路から見えてしまうので隠蔽配管が無難です。

本題!エアコンの設置はどこが理想的?

露出配管と隠蔽配管の違いはわかりました。次は室内のエアコンの位置でどこが最適なのかを以下の実例を使って紹介してゆきます。皆さんなら①〜⑤のどこを選びますか?

ただし、和室のエアコンは黄色の場所で決定しているものとします。

①の場合

①は隠蔽配管による配管方式になります。位置はLDKのちょうど中央あたりでとても良いと思います。ただし、よく見ると、この間取りの場合、リビングの上部が吹き抜けとなっています。

暖かい空気は上に上昇する傾向があるので冬場は暖房の空気が吹き抜け上部に抜けてしまい少しエアコンの効きが悪くなってしまう可能性があります。

吹き抜けがなければ最適な場所だったかもしれません。また室内の見た目もルーバーで隠すなどしたら綺麗に見えると思います。

おすすめ度 ★★★⭐︎⭐︎

②の場合

②は外壁に面しているので露出配管で対応ができそうです。しかも建物のちょうど裏側なので道路からも配管は見えません。

室内側も和室のエアコンから離れたダイニングの位置にきているので、万が一効きが悪くても和室のエアコンと2台で回せば全体に空気が行き届くのでこの間取りの場合とても良い位置と言えそうです。

おすすめ度 ★★★★★

③の場合

③の場合はどうでしょうか。③も露出配管でできますが。リビングの壁の真ん中にエアコンがあるので室内から見た時に少し見苦しいかもしれません。

さらにすぐ近くに吹き抜けがあるので上部に空気が逃げてしまいます。

室外機の位置もテラスの真ん中になってしまうので、せっかくの眺望が台無しになってしまうかもしれませんね。

おすすめ度 ★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

④の場合

④は言うまでもなく上部が吹き抜けなので暖房はほとんど効かないでしょう。室外機の位置も道路側から見えてしまうので見た目も悪いです。

おすすめ度 ★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

⑤の場合

⑤は隠蔽配管となります。⑤は一見、あまり目立たない、上手な位置に設置されている様に見えますが、これは三方が壁に囲まれていてショートサーキット(気流が停滞してエアコンが機能しないこと)を起こす可能性があります。

エアコンを左右にウィングさせた時に壁に空気が当たってうまく循環しません。その為この位置もおすすめはできません。

おすすめ度 ★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

結果は②!見た目重視の人は①でもOK!

以上より、今回の実例では②が最適だと言えます。

まとめ!エアコンの位置で抑えるポイント

エアコンを設置する際は以下の項目に注意して位置を検討して見てください。

  1. 基本的には2方向が壁のコーナーがベスト
  2. 3方向壁はショートサーキットがあるので避ける
  3. 壁の中心は目立つので避ける
  4. エアコンが2つ以上同一空間にある時は遠い位置にする

以上、エアコンの基礎知識でした。寝室など違う部屋の事例も今後紹介してゆきます。