家事動線は気にしない!そんなあなたに最低限意識すべき家事のポンイト

家を建てる際に意識してほしいのが“動線”です。

動線を気にせずに家を建ててしまうと実際に住み始めた時に後悔することが多くなります。家という大きな買い物。

後悔しないためにも動線を意識して生活しやすい家づくりをしましょう!

最低限必要な家事動線はこれ!

家づくりで間取りを考える際は、毎日の家事をしやすく住みやすい家にするために最低限の家事動線を意識して取り入れましょう。

移動の距離をできるだけ短くするにはどこの動線を意識すれば得策でしょうか。家事を中心とした動きを考えて家事が楽になる間取りを考えてみましょう。

キッチンなどの水回りをまとめる

動線で1番意識して欲しいのがキッチンを中心とした水回りです。キッチンと水回りを集中させることで家事動線がスムーズになり、家事にかける時間を短縮でき楽になります。

キッチンと洗面所を隣接させ家事楽に

キッチンから近い場所に洗面所を設置すれば、キッチンで作業をしながら洗濯を回すこともスムーズにできます。そして洗濯物を干す場所も動線を意識した場所に出入口を設け干し場所を決めれば、短い距離の移動のなので重たい洗濯物の持ち運びも楽になります。

夕方の忙しい時間をキッチンと浴室を近くすることで解決

毎日入るお風呂。お風呂場もキッチンから続く動線上に設けると夕方の忙しい時間に、夕飯を作りながらお風呂場を往復する動きがスムーズにできます。

今はお風呂の給湯器が便利になっていてキッチンにつけた給湯器のリモコンでキッチンからボタン1つ押すだけでお風呂の湯はりができます。

給湯器にも種類がありますので、給湯器を設置する際はキッチンのリモコンからボタン1つ押すだけで湯はりができるものを選ぶとさらに家事が楽になります。

少しのことかもしれませんが、毎日家事を行うことを考えれば動線を短くすることがとても重要なことだと感じませんか?

洗濯の一連の動作をスムーズにする

近年の個々のライフスタイルの変化により、洗濯を夜にする方が増えています。また、電気代の安い深夜電力を使って洗濯をしてしまうという家庭もあると思います。

仕事や子育てに忙しいなかでも洗濯物は毎日溜まります。毎日溜まる洗濯物をスムーズにするようにするにはあなたならどんな動線を意識しますか?

スムーズな洗濯をするためには

洗濯の一連の動作を考えてみると、まず洗濯機で洗う→洗濯物を干す→乾いた洗濯物を取り入れる→洗濯物をたたむ→各場所へ収納するというのが一般的な流れですよね。

この動作を少しでも短縮すれば日々の洗濯が楽になります。間取りでは集中させた水回りにある洗濯機から近い場所に外へと続く出入口を設け、“洗濯後の洗濯物を運ぶ距離”と“干した洗濯物を取り入れる距離”を短くします。

近年人気の家事室って?!

仕事や外出などで急な雨に対応できないので部屋干している方も多くいらっしゃいます。その様な背景から近年洗濯室・家事室というものを設けるご家庭も増えています。

この洗濯室・家事室というものはとても便利で、洗濯物を取り入れたあと洗濯室・家事室へと続くように動線を意識した場所に設けることで洗濯物収納やアイロンがけなど、その部屋で洗濯物に関することをでき雨の日には除湿器などを使って部屋干しするという使い方ができます。

家事室の更なる便利な使い道

洗濯室・家事室を衣類の収納スペースを併せ持つ部屋にしてしまえば、干した後のハンガーにかけたままの乾いた洗濯物を室内に取り込み、そのまま衣類収納スペースにハンガーごと掛けて収納してしまえば時短にもなり、着るときもスムーズになります。

少しズボラに感じるかもしれませんが、この少しのことで時間にも気持ちにも余裕がうまれ家事のストレスを軽減できます。

掃除の動線を考え、掃除機がけを楽に

最近は家事の負担を軽減するためにロボット掃除機を導入するご家庭も多いですね。ロボット掃除機を導入する場合もロボット掃除機が移動しやすい動線を意識することを忘れないでください。

キッチンに立つ人とダイニングに座る人との目線を合わせるために意図的にキッチンとダイニングの間に数段の階段をつけて床の高さに変化をつける場合があります。その場合はロボット掃除機の力が充分に発揮できません。

できるだけ段差をつくらずフラットにしてロボット掃除機がスムーズに動けるよう、難しい間取りにしないようにすれば、広いスペースをロボット掃除機が移動しやすくなり、より広い範囲をロボット掃除機で掃除を済ませてしまうことができます。

コンセント式の掃除機を使用する場合は掃除機のスムーズな動きを確保できる動線と“コンセントの設置位置”がカギを握ります。

コンセント式の掃除機はコードの長さに合わせ、コードの長さより少し短い間隔でコンセントを設置するようにしましょう。掃除機がけの際の地味に面倒なコンセントの差し替えが少なくすみます。

その他に水回りで考えておくと便利なポイントは?

最低限考えておきたい家事動線についてお話してきましたが、その他にどんな動線を意識すれば便利になるのでしょうか。その他考えておくといいと思う動線計画を提案していきたいと思います。

使いやすさを考えた収納を取り入れよう

せっかく使いやすい動線を意識した間取りを考えても、その動線上に物が沢山置かれていれば、スムーズな動きができなくなってしまいます。それを防ぐために、各部屋に最適な収納スペースを確保しましょう。

キッチンにあると便利なパントリー

例えばキッチンでは、日々使うものだけでなく普段あまり使わない物やストック食品などがありますね。キッチン台の収納スペースと食器棚の他に収納するパントリーをつくるとキッチン回りがスッキリします。

洗面台を2つ付けて朝の渋滞を減らす

家族が増えていくとそれぞれの行動がでてきますが、まず家族共通の動線を考えてみましょう。ほとんどの家庭では家族みんなが朝に準備をしだすと思います。朝ごはんを食べたり身支度をしたり、トイレに行くことなどは家族みんながすることです。

そこで問題になるのが、家族が多くなると大変な朝の洗面所とトイレの順番待ち。特に子どもが中学生頃になってきた頃には身支度にも時間をかけだし洗面所の前にいる時間が長くなったりもします。

それを解消するため1階と2階に洗面台とトイレを1つずつ設置すれば、朝のラッシュ時の問題も解消できます。脱衣所以外に洗面台がもう1つあれば、夜のお風呂上りにドライヤーをかけるため洗面台のある脱衣所を独占し次にお風呂に入る人の時間が遅くなるという事態も防げますね。

まとめ

最低限意識して欲しい動線やポイントと、その他に考えておくと便利な動線を理解していただけましたか?一生に一度の家づくりを後悔しないためにも、動線をよく考えて欲しいと思います。

詳しいことがわからない場合は担当の建築士さんに要望を伝えて自分たちに合った最適な間取りを提案してもらいましょう。